読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住を目指すSE日記

オーストラリアを目指して走れ!!

技術独立永住ビザの審査で大誤算


新卒で働き始めた頃から、『このIT業界で働き続けて、

 

30歳までに技術独立永住ビザを取ること』が私の夢でした。

 

毎日を生きる一つの大きなモチベーションにもなっていました。


でも2年前にその夢はもろくも崩れてしまいました。。。


あるとき、機会があって、技術独立ビザの無料査定をしていただきました。


当時の私の情報は以下の通りです。

年齢:28
IELTS:5.5
大学院進学(情報系とは関係ない学部)


この情報をもとに査定の結果は以下の通りです。

 

年齢点:30点 (25-32歳)
学歴点:15点 (学士号以上取得)
英語点:0点 (IELTS7.0以上で10点)
職歴点:0点 (海外で5年以上職歴10点)

 

合計:45点でした。

 

意外だったのは、職歴点が0点だったことです。

 

すでに働き始めて3年以上は経っていたので、5点はもらえるだろうと思っていました。

 

ところが、ITパーソンとして職歴点をもらうには、

 

「大学を情報系の学部を卒業すること」が前提になるということでした。

 

 

f:id:Run4AU:20160528224910j:plain

これは大きな誤算でした。。

 

そのため、永住ビザの申請権を得られる60点には大きくおよびませんでした。

 

わたしは情報系ではなかったので、職歴点をもらうためには、

 

IT関係の大学に通っていない場合、最低でも6年の職歴が必要になるそうです。

 

しかも、その6年がプロとして認められる経歴になるかの審査もされるそうです。

 

こうしてわたしのオーストラリア移住の計画は大きく狂ってしまいました。

 

でも早めに確認しておいてよかったです。

 

査定を通して正しい情報を教えてくださり、感謝です。

 

わたしはこの方の、オーストラリア移住説明会でお世話になりました。

 

ameblo.jp