読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住を目指すSE日記

オーストラリアを目指して走れ!!

Java学習72時間目_打ち合わせを成功させるレビュイーを目指そう!

 

よいレビュイーになるためには?

e-words.jp

 

一回の限られた打ち合わせ。有識者がそろって出る機会など多いわけではない。

 

有意義なレビューの時間にするためにはどうすればいいか、

 

基本的なことをまとめておきます。

 

[打ち合わせ前]

 

1.打ち合わせの15分前からPCとプロジェクターの準備に取り掛かる


2.5分前にはセッティングをして席についておく


[打ち合わせ直後]

 

3.冒頭で今後のスケジュールについて説明する

 

この打ち合わせの位置付けを参加者と確認する


4.冒頭で今日のゴールについて説明する

 

この打ち合わせでなにをゴールとするのか、どういう議論をしてほしいのか、

 

参加者に伝えること、これは一番大事なことだと思います。

 

レビュイー自身にとっても問いただす作業は大事なことです。


5.時間配分を伝える。

 

「何時から何時まで、何時間です。」


説明と質疑とクロージングそれぞれの時間配分の目安を伝えておきます。


6.質疑を受け付けるタイミングについて伝える。

 

これは意外とむずかしいです。

 

随時質問を受け付けるか、一通り説明して最後に質疑を受け付けるか、

 

いくつかのまとまりごとに質疑を受け付けるか。

 

経験から話すと、時間に余裕があれば随時で受け付けてよいと思います。

 

意見がでるのはよいことなので、できるだけ発言していただいたら感謝の気持ちを

 

示すようにします。

 

ただ、打ち合わせによっては時間が限られている場合があります。

 

そういったケースでは、一通りこちらから説明したあとに、

 

質問を受け付けるようにします。

 

もちろんどうしても質問しないと進まないものがあれば、

 

言っていただくようにお願いしましょう。

 

[打ち合わせ中]

 

7.声を大きめに出す


8.随時視線を全体に送る

 


[打ち合わせ終了時]

 

9.クロージングとして、挙がった課題の確認と次回の内容について確認する。

 

以上です。

 

よいレビューイになれるように一回一回の打ち合わせをふりかえります。