読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住を目指すSE日記

オーストラリアを目指して走れ!!

闇の河(オーストラリア現代文学傑作選)を呼んだ感想②

 

f:id:Run4AU:20160622064643j:plain

Photo Source: www.pinterest.com

 

オーストラリアに対する理解を少しでも深めたいなと思い、

読み始めました。

run4au.hatenablog.com

 

今日は感想の続きです。

第二章 シドニー

ロンドンでの壮絶な貧しさとの戦い、そして絞首刑から逃れて、

主人公ソーンヒルがたどり着いたシドニーでの生活が描かれています。

 

当然本には絵はなく、文字だけで表現されているのですが、

18世紀当時のロンドンの鬱屈した雰囲気から、

日差し照り付けるシドニーの様子が読んでいてよく伝わりました。

 

シドニー開拓時のなにもないところで、楽しみはラム酒が中心だったそうです。

それでも真面目に働けば、ロンドンの時よりもずっといい暮らしができる環境は

流刑されたほうが全然いいじゃんと思ってしまいました。

 

でも意外だったのは、主人公ソーンヒルとその妻サルは、

シドニーにそこまで感動が湧いていない様子でした。

 

むしろ故郷ロンドンへいつか戻りたいと思う願望が共通にあり、

それまでのあいだ、妻はシドニーの開拓村でできるだけ安定して暮らしたいという思い、

夫はシドニーから少し離れたところで、自分の土地を所有して暮らしたい!

という思いそれぞれ夫婦で異なる思いが生じているのでした。

 

 

読んでいて、シドニーの開拓時の様子が想像することができました。

社会がまだ未発達の中で、ラム酒が生活の中心となっていたり、

流刑された人たちにとっては、ロンドンのときよりも生活がラクになって、

性格もおおらかになっているのは、いまのオージーの文化にも通じるのかなぁ

などと思いました。

 

闇の河  THE SECRET RIVER (オーストラリア現代文学傑作選第4巻)

闇の河 THE SECRET RIVER (オーストラリア現代文学傑作選第4巻)