読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住を目指すSE日記

オーストラリアを目指して走れ!!

ジョギングを通しての悟り

 

もうすぐGWですね。。

 

ちょうど去年のGWに書いたブログがあったので、アップします。

 

↓↓
20150505

今日は人生初の30kmに挑戦してきました。


日曜日の夕方に20kmを走ったばかりで、


筋肉痛もまだ残っていました。


走るにはまだ早いかなぁとも思いましたが、


せっかくのGWにこのまま何もしないで終わるのもいやだったし、


次の土曜日にできる自信もないから、今日やろう!と強行しました。

 

 


皇居を朝の7時ころから走り始めました。


するといきなり左ひざから痛みが沁みだしてきているのが感じられました。


あぁ、二周したら終わりにしようかなとも思いました。(←あきらめはやっ!w)

 

が、その瞬間感動が来ました。


「制約があるから、むしろできる!」


不思議です。体はもう無理だったけど、その言葉が浮かんだ瞬間


たしかに逆に行ける可能性があるかもしれないと思えました。

 

痛みがひどくならないように、ゆーっくり走りました。


結局15kmくらいから膝の痛みが和らいできて、

 

それ以降は違和感なくはしることができました。


結局10時半頃に予定していた30kmを走り切ることができました。

 


やっぱり25km以降は未知の領域でした。


足の底を中心に、足全体が痛みが広がってきました。


また25kmあたりにさしかかると


心臓にも少し負担がかかっているなとも感られました。

 


それでも人生初の30kmを走り切ることができてよかったです☆


また走っている最中に"箴言"ももらうことができました。

dictionary.goo.ne.jp


忘れないように、反芻して家まで持って帰ってきました。


さっそく書き留めます。

 


『自分が100%の状態ではないからといって、やめてはいけない。


人生では100%のコンディションで臨めるほうが少ないからだ。


自分がもし60%のコンディションだというなら、


残りの40%は神様が何らかの方法で助けてくれると思いなさい。


そしてそれが何なのかなぁ、と見つけられる術を会得しなさい。


あるときは環境、あるときは天気、あるときは人、


そして今日でいうなら膝の痛みだった。


膝が痛むからといって30kmをあきらめようとしたけれど、


むしろ膝の痛みをかばいながら走ろうとするから、


最後まで体力を温存しながら走ることができた。


15kmくらい走ってみて、膝の痛みをコントロールできることが分かってから、


結局30kmを走り切ることができた。


このように人生において生じるさまざまな制約を


あなたの敵だと思ってはいけない。


むしろあなたを助けてくれる見方だと思って、

 

それと仲良くする人になりなさい。


制約とうまく付き合えば、むしろ制約が最後にあなたをゴール前で

 

助けてくれるだろう。


だから制約と仲良くするように努めなさい。』

 

あと、走りながら「もし今日30kmを走り切ることができたら、


オーストラリアへ行くための方向性だけでも教えてください!」


と神様にお願いをして走りました。


途中であきらめそうになり、今日は無理かもと思いましたが、


結局走り切ることができたので、

 

どこかでこのお祈りがきかれたらいいなと勝手に楽しみにしています☆