読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住を目指すSE日記

オーストラリアを目指して走れ!!

【プロジェクト2日目】 画面遷移図を作って、システムの現状分析をする

 

知り合いにシステムのリプレースのヘルプをお願いされました。。。

 

run4au.hatenablog.com

 

プロジェクト2日目

まずは「現行のシステムの分析」から取り掛かることに決めました。

 

朝早起きして、会社に行く前のあいだに、現行のシステムを調べてみました。

 

今回は開発環境は提供されていないので、

 

あくまで一般ユーザーとしてできる範囲で調べてみました。

 

調査の手順は以下の通りです。

 

・実際にシステムを触りながら、一画面ずつ機能を使って確認していきます。

・その際、画面フロー(画面遷移)を手書きでメモしていきます。

・また、画面内のボタン、リンク、機能もメモしていきます。

・「入力フォーム」や「動的に表示される情報」があれば、それもメモします。

    ⇒入力フォームがあれば、画面で入力した情報はどこに保存されるんだろう?

    ⇒動的な表示情報があれば、これはどこから情報が表示されてるんだろう?

   といったことを考えながらメモしていきます。

 

これらの情報をまとめて、

最終的にシステム全体の処理の流れを<画面遷移図>として作成しました。

 

画面フローに加えて、画面のボタンによるアクションや、

情報のInput/Outputも付け加えることで、

もう少し詳細な情報を「システムの処理の流れ」として

記載することができるようになります。

 

以上で、簡単に現状のシステム分析の完了です。